• 女助教授カエデの風鈴観測日誌

出会いアプリを利用している人は珍しくないのですが、トラブルに巻き込まれた友人がいます。出会った相手と意気投合したことで付き合うことになったそうです。ところが付き合いも2か月を過ぎたころ相手は既婚者で、自分は浮気相手だったということが分かってしまったそうなのです。結婚を前提として考えていた友人はショックを受けて、かなりの落ち込みようで、誰も信じられなくなってしまったみたいです。独身であるかのようにうそをついた既婚者が、真剣にパートナーを探している人を弄ぶのは絶対に許せないことです。

テレビでも自らをオタクだと公言している芸能人も増えているように、そのイメージは大きく変わっています。それに伴って、今ではオタクの人の方がモテる傾向にあるそうです。マニアックな趣味を持つ女性が増えているので、共有できる話題で盛り上がって交際することになったというオタクカップルも最近では少なくありません。オタクであることを誤魔化してまで彼女を作ったた所で結局は無理をしているだけなので、最初から趣味についてもオープンにしておき自分からオタクであることを伝えておいた方が、交際がスタートしてもオタク趣味をそのまま継続することができます。現実の婚活では、公務員は引く手あまたの人気職業です。同様に、仮想世界のネット上の出会い系サイトでもポイントの高い職業です。交際だけでなく、結婚を前提に未来の結婚相手を探す女性にとって経済的にも問題なく、将来的にも安定した生活が保障されている公務員は他のどんな職業よりも交際したいターゲットといえます。どこから見ても良い面しかない公務員の出会い系利用ですが、職場がある程度推測しやすい職種であるため、うっかり個人情報を載せてしまうと職場などを特定される可能性もあるので、注意しましょう。
正装してスタジオで撮影が常識のお見合い写真と異なり、ネットの出会い系サイトにアップする顔写真であれば深刻になる必要はありません。例えプリクラの写真だとしても文句を受けることはなく、自分の写真に手を加えて、気になる箇所を修整しても問題にはなりません。かといって、容姿を加工しすぎて別人のようになってしまっては、リアルタイムで会った際に相手の怒りを買いジ・エンドというケースもあります。写真を加工して少しでも自分を良く見せたいという気持ちも分かりますが、関係が途絶えてしまっては意味がありません。いっそ相手と会ってしまう方が最終的には成功するケースがあります。
最近ではスマフォ使用者が多いですが、その中の多くがLINEを入れているようでラインは普及しているといえます。たとえば出会い系サイトで知り合った女性ともラインで話しあうことができたら、これまで以上に仲良くなり、関係も進展することでしょう。しかし、顔も知らない相手とライン交換するのは不安があります。うまく話題を振らないとメールさえ拒否されることもありますから、ライン交換の話題は焦らずゆっくりするほうが成功率が高まります。
ネットが普及した昨今、人間関係をうまく築くためには、メールを送ることによって相手を嬉しい気持ちにさせる技術、つまりメール術がポイントです。このことは出会い系サイトでコミュニケーションを取る際にも重要なことで、メールの内容が面白くないと失敗するのがオチです。ほとんどの場合、最初はですます調で丁寧な方が好印象を与えますし、始めてすぐ会いたいというようなそぶりを見せると嫌がる女性が大半でしょう。更に、相手の気持ちを考えない長文や返信に困るような内容は、いずれ返信がなくなってしまうことが多いでしょう。

理想の相手を求めることだけを考えて出会い系サイトに登録している人も徐々に増えてきていますが、真面目な人ばかりとは限りませんので注意が必要です。実際には既婚者であるのに平気で嘘をついてくる人や手に入れた個人情報を第三者に転売する目的の人もいたりするので上手い話に乗らないように気を引き締める事が大切です。また、男性はもちろんの事ですが男性以上に女性の利用者は警戒が必要だと言えます。
近年出会い系アプリが一般的になっていますが、その中でもスマホ利用者のほとんどがもっているLINEのIDを公開してやりとりをするものがあります。いろんな条件を絞って相手を探すことができるので、よりスピード感を持って出会いが実現できます。距離が縮まるまでにサイトを通していると時間がかかってしまったりLINEのID交換については関係を作ってからでないと難しいですが、このような出会い系アプリを活用することで、その点を気にする必要がなく相手を知っていけることでしょう。

ネットゲームやSNSのオフ会を出会いの場として参加する人もいますが、主催者の意に反してしまうことも少なくなく、異性との交流だけを目的とした人は出会い厨と呼ばれどの場でも好印象はもたれません。恋人探しが目的であれば参加者全体がそのつもりである出会い系サイトの方が話が早いでしょう。その気がない異性にアプローチするよりも出会い系サイトでアプローチをしていく方が適しています。

こちらもおすすめ⇒出会い系サイトはどこが本当に会える?2019年俺のオススメはココ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です